鳩やハチ・シロアリなどの駆除方法を紹介│事前の対策も大切です

男性女性

エサをあたえないように

複数の鳩

鳩は一匹を鑑賞するぶんにはかわいいですが、大量になると騒音になるし糞などを街中に撒き散らすため、人々の迷惑になることがあります。また、鳩の糞が洗濯物や干してある布団などに付着することで被害をうけている方も多いようです。このような鳩は駆除したいと考える方も多いと思いますが、実は鳩を殺すことは鳥獣保護法の違反だとされています。したがって、できるだけ鳩を殺さずに、この場から撤退させる駆除方法が求められています。鳩を駆除するときの大前提として、鳩にエサをあたえるはやめた方がいいとされています。鳩にエサをあたえると、この場所ではエサにありつけると認識されて、鳩が留まるきっかけをつくってしまいます。また、エサをあげることで鳩がどんどん成長し、数も増えていきます。人間がエサをあたえなくても、野生の鳩は生きていけるので、かわいいと思っても食べ物の残りなどをあたえないことが大切です。近所の公園などで鳩が生息している場合、エサをあたえる人が少なからずいるようです。しかし、これは繁殖をまねく行為になるので、行政などに働きかけてエサあげ禁止のキャンペーンなどをすることも大切だとされています。エサをあげないことが駆除の第一歩となるのです。また、鳩の糞には病気が含まれていることがあります。健康な大人にはさほど害をもたらすことは無いようですが、小さな子どもはこれで病気になることもあるようです。洗濯物は当然としても、糞が付着しているものがあればこまめに掃除をして、清潔な状態を保つことが大切になります。