鳩やハチ・シロアリなどの駆除方法を紹介│事前の対策も大切です

男性女性

刺されたときの注意点

蜂

ハチ駆除をするときは、刺されないように注意することが大切です。もし刺されたときは、ハチ駆除を一旦は諦めて、ゆっくりとその場から離れることが大切です。そのときにパニックになって暴れたりしたら余計にハチを興奮させてしまいます。また、ハチを払いのけようと手を振りかざす行為も、ハチの警戒心を煽ることにつながるので危険です。ハチ駆除などで巣の近くにいた場合は、ハチが警戒フェロモンを発することがあります。このフェロモンに反応したハチは、刺された人間に対してさらに集団で襲ってくることがあります。単体のハチに刺されたときは痛いだけですみますが、ハチの集団に何十箇所も刺されたときは重体に陥ることがあります。また、以前にもハチに刺された経験を持っている方はアナフィラキシーショックが発生するかもしれません。アナフィラキシーショックはアレルギー反応の一種で、ハチにさされて30分前後で発生するとされています。顔色が悪くなったり、動機が激しくなったりしますが、最悪の場合は呼吸困難になって死に至る可能性があります。なので、もしハチに刺された経験がある方は、再び刺されたときは即座にその場から離れて、病院に行くか救急車を呼んでください。もし多くのハチに襲われたときは大声で助けを呼ぶことが大切になります。ハチにさされないためには、できるだけ白い服をきて、隙間ができないような格好にすると安全だとされています。また、ハチ駆除でもない限り、むやみにハチの巣に近づくのはとても危ないので、できるだけ避けた方がいいでしょう。